オールインワン デメリット

オールインワンは専門家や美容のプロにはどう思われているのか?

 

化粧水や乳液と分けて使うべきなのかまとめました。

 

特に保湿に優れたオールインワンは多く販売されています。

 

どちらを選ぶべきなのか、参考にご覧下さい。

 

オールインワンはどうなのか?

 

オールインワンの1番の特徴は、「化粧水、乳液、美容液など」のケアを1度で済ませることができます。

 

私も過去にオールインワンにこだわり続けていました。

 

しかし、専門家の多くはオールインワンをおすすめしないと言われています。

 

理由は、季節に合わせて化粧水や乳液などの使用量などを変える必要があるためです。

 

オールインワンのデメリットは、

 

・水分が肌に浸透しづらい

 

・肌トラブルに合わせて使いづらい

 

・試供品が少ないため肌に合うか確認しづらい

 

などのデメリットがあります。

 

化粧水を浸透させてから乳液などを使うに比べ、オールインワンはやはり肌に水分が浸透しづらいと言われています。

 

このデメリットは市販のオールインワンになるほど成分に劣るため期待はしづらくなります。

 

しかし、ヒアルロン酸や加水分解コラーゲンなど角質層に浸透しやすい成分が配合されているオールインワンは保湿にも期待しやすいです。

 

セラミドも配合されているとハリにもサポートされやすくなります。

 

どのオールインワンがおすすめ?

 

オールインワンの中でも評価が高いのはエクラシャルムです。

 

ニキビ予防にも期待できるうえに、保水力についても評価は高いです。

 

実際に試した方のブログでも水分量にサポートされていたりしていました。
参考元:エクラシャルム口コミ

 

アットコスメやAmazonなどの評価も高いため、購入された方も保湿に満足されている印象です。

 

まとめ!

 

オールインワンには手軽さのメリットがありますが、時期によりスキンケアは手入れを調整する必要があるため専門家はおすすめされない傾向にあります。

 

しかし、保湿やニキビ予防に特化したオールインワンも販売されているため、エクラシャルムなどおすすめできるオールインワンも実際に評価も高めです。

 

あなたの肌にあったオールインワンを試されることをおすすめします。

 

また、スキンケアに徹底されてい方は化粧水、乳液、美容液などは分けて使用すると肌トラブルも解消しやすくなります。

 

オールインワンでは水分の浸透がどうしても弱いデメリットがあります。